キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

個人事業主とは

個人事業主は無職であってもブログのアフィリエイトやオークションサイトを利用した販売・転売の実績がアレば名乗ることが出来ます。個人事業主は開業届を提出した時点で個人事業主として成り立ち、利益が発生し納税を行うことが必要である。またキャバ嬢などお店に所属しない扱いで収入を得ている人も個人事業主として登録でき、エステ費用、ドレス代、ヘアセット代 、交通費、同伴やアフターの食事代やお客さんへの誕生日プレゼント(個人事業主は交際費に制限があります)など仕事のために必要な事項であれば経費として計算できますし、営業専用の携帯電話を所持していれば携帯電話代も計上できます。医療費も医療費控除として申請が可能ですが整形費用は適用されないでしょう。確定申告を申請する際にはレシートや領収書が必要となります。個人事業主にかかる税金としては個人事業税が発生し、収入金額から必要経費と事業主控除~290万円(営業期間が1年未満の場合には営業月数で割り引いた金額)を差し引いた金額に税率(3%~5%)をかけて計算されます。キャバ嬢の場合、税率は5%です。3%はマッサージなど医療に関する事業となり、その業種は限られています。個人事業主になると青色申告が必要になりますので領収書は必ずとっておくようにしましょう。また店舗から支払われた報酬、差し引かれた源泉徴収額の把握が必要ですので注意しましょう。また報酬の明細書や調書は必ず添付しなければいけない決まりはなく、報酬を支払う側にも交付義務はありません。ですので申請の際に必要な日々の取引をは個人で会計ソフトや帳簿に記載する必要があります。日払いのお店ならば毎日もらった報酬の記録が必要となりますので注意しましょう。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る