キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

キャバクラとの違い

ガールズバーとキャバクラの仕事は変わらない、そう思っている方も非常に多いと思います。同じ水商売、同じようにお酒を取り扱う接客業として確かに似ているところもありますが、仕事の厳しさから見るとキャバクラとガールズバーでは全く違うといえるでしょう。明らかにキャバクラの方が時間的にも営業内容的にも厳しい内容と言えるでしょう。ガールズバーの場合お客さんへの接客はカウンター越し、場合によっては女の子複数対お客さんなので隣に座る必要もありませんし、完璧に個別対応というわけでもありません。キャバクラの場合はお客さんの隣に座り接客をしますし、隣に座るということはお客さんから腕や足などを触られることもあります。仕事の厳しさや安全さを比較してもガールズバーの方が明らかに良いと言えるでしょう。また、お給料はキャバクラの方が高いという印象が強いですがこれも一概にそうとは言えません。キャバクラはほぼ売上(出来高制)でお給料が決まります。ですので稼げる人は稼げるし稼げない人は全くといっていいほど稼げません。もしかしたら維持費で赤字に近い日もあるかもしれないのがキャバクラです。さらには出来高=競争なので女の子同士もピリピリしているお店もあるといいます。ですのでキャバクラが向いている女の子は闘争心があり、他の女の子との競争心、負けないで頑張れる強い心がある人に向いているでしょう。しかしその気持ちを維持するのも大変だと思います、反面ガールズバーは時給制でドリンクバックもいありますが他の女の子と楽しく働いて安定した高時給を望んでいる方にオススメだといわれています。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る