キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

ガールズバーを副業にした確定申告03

一般的に給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はないと言われています。 本業も副業も給与所得の場合には確定申告が必要になります。たとえば本業を月〜金で社員として勤務しながら副業で夜間アルバイトとして数時間勤務をした場合には副業収入の金額によらず確定申告が必要になります。 2つ以上の会社からもらう給与収入は合計して確定申告する必要があります。年末調整をしてくれる会社は本業の会社1つと決まっています、本業も副業も従業員として給与をもらっている場合には、副業の収入金額が20万円以下であったろしても確定申告をする必要があります。 個人事業主の場合には給与所得は収入金額に応じた給与所得控除額が定められていますが、雑所得や事業所得を計算する上でこれに対応する経費を差し引くことができます。 広告収入で年間20万円程度の収入がありました、しかし 広告収入を得るために必要な経費が8万円かかりました。この場合20万円-8万円=12万円が純利益になりますということは収入は20万円未満となりますので確定申告の必要はありません。このときに経費として認められるかはその経費が収入を得るために必要な費用かどうかが1番のポイントになります。 たとえば持ち家で自宅開業している場合には事業活動に必要な敷地面積に対応する固定資産税相当額が経費として認められますので家賃の一部が経費として認められます。ですので家庭用として使用している面積に対応する固定資産税相当額は経費には該当されません。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る