キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

開業届を提出する

開業をするにあたって税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。 税務署への開業届は、事業を開始して1か月以内に行わなくてはいけません。開業届は期限内に提出されなかった場合にも特別に罰則はありません。しかし事業での所得が一定金額を超えてたときには必ず確定申告等を行わねばならず、その際には絶対に提出することになります。ですから事業開始と同時期の提出が今後の手順を考えるとわかりやすいのではないでしょうか。また、開業年度より青色申告をしたい方は青色申告承認申請書を税務署に提出することが必要です。必ず忘れないように開業届出を提出するときにいっしょに提出しましょう。 開業届の必要書類についての形式は国税庁のホームページからダウンロードができます。パソコンが苦手な方やプリンターが用意できない方には税務署にも準備されていますので安心してください。開業届は直接、税務署で用紙に記入して窓口に提出するい外にも窓口の営業時間外にはポスト投函による受付や、または郵送での提出にも対応していますので昼間に税務署に行けない方も簡単に提出ができます。開業届の控えは銀行口座の開設時や助成金の申請時などといった場面にも必要ですのでかならず手元に置いておきましょう。また申請をすることによって特別な添付書類などは必要ありませんがマイナンバーの記載が必要です。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る