キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

ガールズバーを副業にしたときには02

住民税を見れば会社側は従業員の副業を見抜くことができるといわれています。 仕事先から毎月支給される給与からは社会保険料や所得税のほかも住民税が天引きされています。住民税は個人の収入、本業、副業の給与を含めた1年間の収入に基づいて算出した税額を本業の勤務先が毎月の給与から天引きして納付するというシステムになっています。副業をしている従業員は他の社員に比べて比べて住民税の額が明らかに多く算出されていますので会社側からはそこからその従業員が副業をしているかどうかを見抜くことができるのです。 しっかりと確定申告など申請していた方にはマイナンバー適応前からその住民税の額について会社側はわかっていたと思いますので、会社側も学はわかっていてもそのままにしていたという場合もあります。ですがその場合でもマイナンバー適応語の場合でも会社側はその人の副業の内容までは把握できません。副業を本業の勤務先にばれないようにする完全な手段はありません。ですからアルバイトとして副業を行うときには本業の勤務先が副業を認めている会社であれば所定の手続きを踏み、認めていない会社であれば副業が勤務先にばれるリスクがあることを認識したうえで働くことが必要になります。これはあくまで会社やお店に属し勤務する場合になりますが、個人事業主ではその限りではありません。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る