キャバクラ、ガールズバーの求人応援サイト

仕事内容の違い

キャバクラとガールズバーはどちらも同じカテゴリにされているので内容を知らないうちは見分けがつかないという方も多いと思います。求人情報誌や情報サイトでも同じページやカテゴリに掲載されている場合が多いので紛らわしいですよね。働き始めようと思っている女性の方に少しでもこの違いを理解していただいた上で働き始めて欲しいと思っています。同じカテゴリに分類されやすい業種ですが、この二つには似て非なる違いが多々あるのです。

 キャバクラの仕事内容

キャバクラは基本的にお客さんの横に座って一緒にお酒を飲むといった接客スタイルをとっています。女の子1人にお客さん1人のマンツーマンでの接客が基本的です。そしてキャバクラで勤める女性には売上や同伴といったノルマが必ずといっていいいほど課せられます。それができない場合は減給や早上がりなどをさせられ時給が削られてしまいます。基本的にノルマをクリアしていれば通常通りのお給料と売り上げから出るバック賃金が女の子に支払われます。自分の頑張りや売り上げしだいで給与が上下するお仕事です。また、キャバ嬢には同伴アフターなどといったシステムもあるのでお店の外でもお仕事しないといけません。残念なことに同伴、アフターには時給は発生しません。

 ガールズバーの仕事内容

ガールズバーとは基本的にカウンター越しの接客で、キャバクラのようにお客さんの横に座るといったことはありません。カウンターテーブルを挟んだ対面式の接客が基本となります。基本的にお酒を作るのがメインとされていて女性バーテンダーのいるお店のことを指します。しかし最近ではお酒を作ることがメインの女性スタッフがいるショットバーという扱いよりコスプレや露出の高い衣装を着て接客するスタイルをとっているガールズバーが増えています。基本的に対面式なので触られることはあまりないのですがお店の客層やお酒の入ったときの盛り上がりによってはそういったリスクを背負う場合もないとはいえません。基本的にガールズバーにはノルマといったものがなく同伴やアフターなどというお店の外でお客さんと会うといったことは強要されません。本来のガールズバーのルールを守っている優良店で働くことをオススメします。

Copyright © 2015 HST All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る